ptsdなどの精神病を治療|精神科で負担を掛けずトラウマ根治

さまざまな治療法

笑顔の女性

専門の精神科では、ptsdなどの症状を改善させるべく、さまざまな治療法を行います。薬物療法を行なう専門の医師や、カウンセラーと提携することによって、治療を行なうことができるのです。薬物療法では、主に向精神薬や抗うつ剤などの使用によって治療を行います。こうした薬剤は脳の機能を活性化させる作用があるため、高い効果が得られるのです。ptsdなどの精神病は、脳の活動を活発にする脳内物質が減少することで発症するものです。向精神薬や抗うつ剤は、脳内物質を受け取るシナプスの働きを活性化させ、脳内物質の再吸収を促進させることにより、症状を抑制させることができます。ptsdなどの精神病はうつ病を併発させることが多くあり、うつ病は深刻化すると脳の萎縮などを引き起こし心身に重大な影響をもたらしてしまいます。こうした投薬によって症状を緩和させることで、ptsdなどの精神病が悪化することを防ぎ、精神病を改善させる治療を併用して行なうことができます。

ptsdの治療では、他にもカウンセリングによる方法が挙げられます。カウンセリングでは、医師が患者さんに対してさまざまな質問を行なうことで、ptsdなどの病に罹ってしまった原因を探ることができます。ptsdなどの深刻な精神病に罹ってしまった人に対し、原因となる問題に触れるのは問題ではないか、と考える人は多くいることと思います。しかし、問題に対して目を逸らしてばかりでは治療を行なうことはできません。しっかりとptsdになった根本に正面から向き合い、冷静に調べることで、症状の緩和に繋げることができるのです。精神病の多くはストレスが原因となるものであり、ストレスによる心の負担が脳内物質の分泌量や交感神経などに影響を与え、心身に重大な負担をもたらすのです。ストレスを感じた原因を探り、その改善法を見つけ出すことで、精神病を根本から治療することができるのです。ptsdは患者さん本人にもその原因がはっきりと理解されているものですが、多くは再体験などで繰り返し心に負担を与えられるため、誰しも根本となる思い出を考える事を避けています。カウンセリングでは、そうした過去の出来事とどのように対峙し、自分の中で折り合いをつけさせるかを患者さん本人に自覚させてくれます。強いショックを受け入れきれず、心の負担となることでこうしたptsdは発症するものですが、あえてその記憶を冷静に検分させることで、過去の記憶の一つとして受け入れることができるようになるのです。こうした精神病は、最終的には患者さん本人によって症状を改善させるものです。カウンセリングは、そのために行なう効果的な治療法と言えます。