ptsdなどの精神病を治療|精神科で負担を掛けずトラウマ根治

注目の最新機器

俯いて微笑む人

ptsdなどの精神病に対して、高い効果があるとして利用されているのがTMSと呼ばれる治療機器です。このTMSはとある種類と強度で磁気を放射することにより、脳のニューロンの働きを活発化させ、症状を改善させる機能を持っています。この機器が多くの人に注目されている理由として、投薬を行わずとも物理的に精神病へ対処できるという点があります。投薬による治療法は高い効果をもたらすものの、しばしばその依存性が問題となるものです。投薬治療を行なう多くの人は、投薬による一時的な気分の改善に頼り切ってしまうため、自分で問題を改善させようという意欲がなくなってしまうのです。ptsdなどの治療では、患者さん本人が問題をきちんと直視し、自分からストレスの原因に立ち向かう意識が必要となります。しかし、投薬治療をしている間はこうした精神病による症状を手軽に改善できるため、ストレスの根本に目を背けたまま、治療薬にばかり依存するようになるのです。薬に依存するようになると、効果が切れることに強い不安感を覚えるようになります。この恐怖心から逃れるため、用法用量に従わず大量に服用するようになり、結果として薬剤の副作用によって体に重篤な影響がもたらされることもあるのです。こうした投薬による依存性や、体に対する負担などを掛けずに治療ができるとして注目されているのが、このTMSなのです。TMSは投薬のような劇的な効果は得られないものの、精神病による影響を抑制する一定の効果があるため、依存性もなく、また薬物のように体へ負担もなく治療が行えるのです。

TMSでは、特殊なパルス磁場を脳に照射することで、脳を活性化させる作用があります。脳の活性化が促進されることで、脳が活動すると分泌する脳内物質の量も増えるため、ptsdなどの精神病に高い効果があるのです。精神病の多くは脳内物質の減少によって引き起こされるものであり、ドーパミンやエンドルフィンといった物質が減少することで、意欲の減退や不安感、精神の苛立ちなど精神的に不安定な状態に陥ってしまうのです。精神科で治療法として行なうTMSは、脳内物質が減少し活動が鈍くなった脳を外部から活性化させることで、脳内物質が出やすい状態にすることができるのです。カウンセリングなどの治療法と併用することで、治療に対して患者さんの意気を高め、治療のため積極的に課題をクリアすることができるでしょう。ptsdなどの精神病の治療では、根本であるトラウマを上手く受け止められるよう、カウンセリングによって医師が課題を与える場合があります。症状の重い人であれば、トラウマに関する事に触れるだけでも強い恐怖を覚えてしまうため、治療には長い年月が必要となります。しかし、このTMSを併用することで、脳の快楽物資が出やすい状態にすることができることから、課題を少しずつクリアすることに喜びを見いだせるようになり、より高い治療効果が得られるのです。