ptsdなどの精神病を治療|精神科で負担を掛けずトラウマ根治

負担なく治療できる

ptsdは、別名で心的外傷後ストレス障害と呼ばれる症状であり、過去の心理的なショックによって心身に継続して大きな影響が与えられる病気です。このptsdは大きな事故や事件などに巻き込まれてしまう場合や、本人にとって強烈なショックを与えられた場合に発症します。たびたび再体験などで記憶が蘇り、その度に強い恐怖や不安感を覚えるようになるのです。再体験はptsdに罹った原因であることに関連した光景を見る事、または聞くことでフラッシュバックするため、再体験を繰り返す度に恐怖心が心に刻まれ、次第に心がふさぎ込むようになり、抑うつ症状やひきこもりなどの状態に移行してしまうようになるのです。こうしたptsdは、専門の精神科で診察を受けることで改善させることができます。精神科では、症状を抑制させる薬剤や治療機器を用いる他、根本となるトラウマを克服するために度重なるカウンセリングを行なうことで、過去の記憶をきちんと受け止め、負担なく生活が行えるよう治療をしてくれるのです。

こうした精神病は、精神科を擁する病院のほか、心理療法を専門で行なうクリニックなどで受診することができます。電話連絡によって予約をとり、指定された時間に病院へと向かうことで診察を受けることができます。病院の中には予約を取らなければ診察ができないところもあるため、きちんと予約を取ることで待たされることもなく、円滑に診察が受けられるでしょう。このような精神科の治療では、多くの人がたくさんの薬を処方することで、治療どころか返って症状が悪化するのでは、と考えがちです。しかし、現実の精神科では治療薬の処方はよほど重篤な状態でなければ行わず、カウンセリングなどを重ねて行なうことで、負担なく治療を受けることができるのです。自殺や異常行動を行ないかねない危険な状態でなければ、投薬治療や入院による集中治療も行なうことはなく、自宅で過ごしながら治療を受けることができるでしょう。

カウンセリングと笑顔の人達

New Posts

誰でも罹る病

腕を突き上げる男性

ptsdは誰にでも発症するリスクがあるもので、事件や事故による症状の他に、生活を営む上での些細なことで大きなショックを受け、発症する場合もあるのです。なんらかの自覚症状があれば、速やかに精神科へ受診しましょう。

続きへ

現れる症状

相談する女性

ptsdは、再体験や過覚醒などの症状が引き起こされるものであり、それぞれ健全な生活を送ることを困難としてしまう重大な症状となります。もしもこうした症状に心当たりがあれば、精神科などで詳しく検査を受けてみる必要があります。

続きへ

さまざまな治療法

笑顔の女性

精神科では、ptsdなどの症状を治療するべく、さまざまな方法を行います。向精神薬や抗うつ剤などの投与で症状を抑制し、カウンセリングによってptsdの原因となる記憶を受け止め、折り合いをつけることで心の負担を解消させられます。

続きへ

注目の最新機器

俯いて微笑む人

ptsdなどの精神病は、投薬などによって症状を緩和させますが、投薬治療は薬への依存性や体の負担が問題となります。TMSと呼ばれる機器を用いることで、依存性や負担も与えることなく、症状を緩和させることができるでしょう。

続きへ